樹木葬などの葬儀は信頼がある霊園や寺院へ~故人を想う~

自然へ還ること

お葬式

人間が亡くなったら、故人の遺族や友人、仕事での関係者と様々な人を集めて葬儀を執り行います。また、葬儀のあとには埋葬が行われます。これがひとつの流れですが、さまざまな行事ごとや儀式のようなものに、現代風の新しいものが登場してきたように、この業界にも新しい方法がいくつか生まれています。樹木葬というのもそのひとつです。火葬後、遺骨は骨壷に納められて法要のときまでを地上で過ごし、その後、お墓に納められるというのが一般的なかたちになっています。が、必ずしもそういった方法で埋葬するのではなく、さまざまな供養の方法があるのではないかということで、樹木葬もそのひとつに数えられる「自然葬」というカタチが、近年盛んにに採用されているのです。自然葬は自然へ埋葬するということを指していますが、樹木のもとでの埋葬のほかにも、よく知られているところでは、散骨とか、あるいは海外の文化圏には、鳥葬や風葬などと呼ばれる方法もあります。広い自然へ還っていこうという考えのもとで、これらは行われています。とはいえ、散骨にしても樹木葬にしても、墓石が残らず、名が残らず、ということはあります。お墓参りをきちんとしたいという場合には、ちょっと合わなかったりもします。しかし、樹木葬を願った故人もいます。故人が生前に自然が好きだったら、自分の墓に好みの花や木を使うことができます。そして、故人を尊重するためにも、遺族間での密な話し合いの上で決定されるべきものだと言えるでしょう。